忍者ブログ
史跡・神社仏閣・花の名所・おまつりなど 興味の赴くままウロウロした後のおぼえがき。
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

白幡八幡神社の神主小泉家に代々伝わる口伝による一子相伝の舞で川崎市重要習俗技芸に指定されている。

はじめは面をつけず四方祓の舞。
その後は次々に面や装束を取り替え、サルタヒコノミコト・アメノウズメノミコト・アメノコヤネノミコト・ヒコホホデノミコト・オオヤマズミノミコトの神々を一人で舞う。
090719shirahatahachiman01.jpg
入口に立てられた幟。
私が到着したのは禰宜舞開始の30分ほど前だったが、氏子さんらしき人たちが幟を眺めてなにやら相談中。

いかにもお祭といった雰囲気で、幟が目に入った瞬間一気にテンション急上昇!
石段をのぼって拝殿前まで行くと既に人が集まっていて禰宜舞が始まるのを今か今かと待ち構えている様子。

一時頃、拝殿の中で何か始まったようで見物客が幾重にも外から拝殿を覗き込んでいる。
行事前のお祓いをしているらしい。

やがて上手から神主さんがお面をつけずに登場。
上がクリーム色のような薄い黄色・袴は紫で黒い烏帽子。
中央の祭壇前で鈴を鳴らしながらくるくると動いている。
ちょっと不思議な動き。
ひとしきり舞うと再び上手に退場。

今度はサルタヒコノミコトの面をつけ、装束も白っぽい物に変わっている。
次はアメノウズメノミコト。
面は能面でよく見るような女性のお面で黒い烏帽子を被り長い髪を背中に垂らし、赤い着物に紫の袴。
その次がアメノコヤネノミコト。
黒い烏帽子で白い髪。若草色の着物を羽織っている。

ここで小休止。
氏子さんが見物客にお菓子の詰め合わせを下さった。

再び神主さんがヒコホホデノミコトの扮装で登場。
今度は赤い髪の毛に赤いお面で橙色の着物を羽織っている。
途中、見物客に向かって破魔矢を射る。
その破魔矢に見物人が右往左往している様子がちょっと面白かった。
最後にオオヤマズミノミコトの扮装。
黒いお面に茶色っぽい髪の毛で黒い着物を羽織っていた。
090719shirahatahachiman34.jpg途中、桶を手に持ったので何かと思ったら小さな餅をばら撒き始めた。
これがそのお餅。→
後から氏子さん数人も登場して一斉にこの餅をばら撒く。
空中を無数の餅が飛び、それを掴もうと見物客がワラワラと動きまわる。
私はその場にじっと座っていたのにお餅の方が勝手に飛び込んできてくれて掴む気もなかった私まで10個ほどGET出来た。
でもこのお餅、ご覧のように包装されていないので体や鞄にぶつかると打ち粉で真っ白になってしまうのだ。(笑)
これは袋を用意すべきだった!
090719shirahatahachiman09.jpg
最後まで見て分かったのはサルタヒコノミコト・アメノウズメノミコト・アメノコヤネノミコト・ヒコホホデノミコト・オオヤマズミノミコトの扮装の時、袴は全て同じ物だった。
090719shirahatahachiman11.jpgあと右手に持っていた物は全て鈴だったという事。
左手は違う物も持っていた。

神楽殿では御囃子。
獅子舞も見られ、賑やかで楽しいひと時を過ごさせていただいた。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
お天気情報
最新コメント
プロフィール
HN:
櫻里
性別:
女性
趣味:
いろいろ
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]