忍者ブログ
史跡・神社仏閣・花の名所・おまつりなど 興味の赴くままウロウロした後のおぼえがき。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎年7月14日に行われる厳正寺の水止舞。
雨乞いをしたら効果があり過ぎて雨を止める為に行われたのが始まりだとか。

午後一時近くになると厳正寺の近くにある大森東中学北側のT字路付近から行列が出発するので、それを見ようとする見物客で賑わいはじめる。
TBSのカメラさんも来ていた。

行列はお揃いの浴衣を着て手に竹を持った可愛い幼稚園児たちを先頭に御囃子など、賑やかに厳正寺まで練り歩く。

090714suishimai14.jpg行列の中にこのような人たち。→
グルグル巻きにされた上に容赦なく水をバシャバシャ掛けられて、そんな中法螺貝を吹いている。
数人に持ち上げられて少しずつ前進。
『水をバシャバシャ掛けられる』のは、実はこの人たちだけではなくて見物人にも容赦無い。
バケツで“ブチまけられる”ので勝手を知っている人は雨がっぱで完全防備。

090714suishimai10.jpg090714suishimai11.jpg
列の最後尾にはちょっと不思議ないでたちの人が五人。
この後厳正寺本堂前の特設舞台で水止舞をする人たちで皆さん10代後半~20代前半位だとか。
若い人たちがこうして伝統的なものを受け継いでいるのはとても立派。
造花のついた被り物を着けているお二人は女性で獅子頭の被り物をつけているお三方は男性。
090714suishimai19.jpg
行列が境内に入るとグルグル巻きのあの方々も舞台に引き上げられ、舞台上でグルグル巻きの縄を解かれる。
解かれた縄はまるで“結界”を張るように舞台の周囲に置かれ、簀巻き状態から解き放たれた人たちが立ち上がって法螺貝を吹く。
090714suishimai43.jpg
舞台上で舞が始まり、途中数分の休憩を挟んで二時間近く続く。
男性の動きはかなりハードで、相当足腰が強くないと務まらないように見えた。

舞が終わり舞台から降りられた後、見物客の希望者は獅子を頭に乗せてもらえる。
これは厄払いになるらしい。
多くの人が獅子に扮した青年たちを取り囲んで嬉しそうに獅子を頭に乗せてもらっていたのが印象的。
PR
三回に分けて越生の七福神めぐりと季節の花々を愛でるツアーも最終回。
これまでの越生めぐりは天候に大変恵まれていたが、季節の所為もあってか今回は大ハズレ。
朝は曇天だったのに昼には雨が降りはじめた。

黒山三滝090622santaki_c17.jpg
■黒山三滝入口
このゲートを少し奥に進むと温泉旅館街のような佇まい。
少し山道(舗装されている)を上っていくと、途中に小さな食堂や釣り堀がある。
更に歩いていくと、山道の左側にあるのが天狗滝。
天狗滝の入口には木造の橋がある。
090622santaki_a05.jpg■天狗滝

足場の悪い岩場の一番奥に細い滝。
滝からはかなりの距離があるのに細かい水飛沫が空気中を舞っている。
滝のすぐ脇には小さなお不動様らしき石仏が祀られていた。

090622santaki_c06.jpg■男滝・女滝
この滝の入口にはお土産物屋さんがある。
上の水量が多い滝が男滝で下の細い滝が女滝。
手前にある赤い橋は夫婦橋。
滝壷の傍にはとぐろを巻いた蛇のような宇賀神らしき石仏が祀られ、他には滝から少しだけ離れた所に観音様も祀られている。

090622ajisaiyama43.jpg
あじさいの里
道路沿いに様々な紫陽花が植えられている。
この道路と平行して川が流れており、歩いている途中川岸に弁天さまが建立されていた。
この弁天さまは石造で比較的新しいものと見受けられる。

090622akasaka05.jpg小便小僧
山の中に以前『ナニコレ珍百景』で見た小便小僧発見。
コンクリート製らしき木の枝の上に小さな小便小僧がいて、勢い良く用足し中。(笑)

090622akasaka08.jpg赤坂馬頭観音
道路から少し高い所にあるので石仏そのものは確認出来ず。
のぼろうと思えばのぼれたのかも知れないが、どうも畑の中にあるようなので泥棒と間違われたら嫌だし、誤って畑を踏み荒らしては拙いので、そこまでは出来なかった。

いろは坂のように曲がりくねった急坂を一時間以上もかけてのぼったのに、携帯していたイラストマップではあじさい山に抜けられそうに見えた山道が・・・実は行き止まりだったという事態。
軽装で雨の中ちょっとした登山をしてしまった気分。
090622ajisaiyama02.jpg
あじさい街道
あじさい山までの道はあじさい街道と名づけられているそう。
確かにかなりの距離、紫陽花が道路を縁取っていた。
途中咲いていた紫陽花。
一株に様々な花色が見られる。
紫陽花の花色は土壌のpHによって変わってくるそうだが、これだけ色々な色が出現する土壌のpHってどんな状態なんでしょう?
090622ajisaiyama11.jpg
あじさい山公園
山の斜面いっぱいに紫陽花が植えられている公園。
西洋アジサイ・ガクアジサイなど、色々取り混ぜて紫陽花を090622ajisaiyama29.jpg満喫出来る。

しかしここでも雨に泣かされた。
眺望を楽しもうと上の方にのぼったのにやっとのぼったと思ったらたちまち周囲が濃霧に覆われ何も見えなくなってしまった。
1mも離れていない所にいる友人すら見えないほど真っ白。
090622ajisaiyama13.jpg090622ajisaiyama16.jpg090622ajisaiyama30.jpg
赤花ヤマアジサイが斜面いっぱいに植えられていた。
個人的に好きな品種なので、これだけ沢山の花を一度に見られるとちょっとワクワクする。

紫陽花は晴天よりも雨の方が映えるので結果的には良かったのか??


 二の丸・菖蒲田の菖蒲
090613koukyo14.jpg090613koukyo13.jpg小さな菖蒲田いっぱいに様々な花色の菖蒲が咲き競っている。
周囲は撮影している人や花を眺めながら笑顔を浮かべ談笑する人々で常に賑わっていた。
それほど広範囲ではありませんがとてもお手入れが行き届いていて花も良い状態。
周辺の緑の中に白や紫の花色が映え、とても美しかった。

 苑内に点在する紫陽花
090613koukyo29.jpg090613koukyo40.jpg天守台付近をはじめ庭園周辺や梅林坂沿いなど、紫陽花も苑内に多数植えられている。
紫陽花は昨年同時期に訪れた時と比べて若干花が少なく感じられた。
他の紫陽花の名所でも年によって花付が違う事があるので、紫陽花はそんな物なのかも知れない。
西側高台の石室付近には紫陽花と紅葉が共存していた。
ちょっと不思議な取り合わせ。

090613koukyo52.jpg
これはケヤキの芝生に生えていたネジバナ。
3兄弟が仲良く背比べをしているかのような生え方でちょっと可愛い。
しかもアスパラっぽいし。
この写真の花は背丈も低く花の部分も短いが、普通はもう少し草丈が高くて花が螺旋状についているのがよく分かる。
ネジバナは東御苑内に限らず皇居外苑でも多数見られた。

「此処に何々が咲いている」と書いていない所にもこのように小さな花がひっそりと存在している。

090607jamokamo01.jpg横浜市鶴見区の神明神社と道念稲荷神社で行われるお祭で横浜市の無形文化財に指定されています。

このお祭は朝6時頃にお祭で用いる蛇を作るところから始まるらしいのですが、流石に朝6時からは見に行けなかったのでお昼から見物しました。

090607jamokamo04.jpg
12時頃に到着。
神明神社の境内は既に賑わっていて、葦で作られた大きな蛇が二体お社の前に置かれていました。
この後この蛇は大勢の人に担がれてお社の周りを数周まわり、街中に出て行きます。
090607jamokamo11.jpg頭部~胴体の太い所は大人の男性が担ぎ、尻尾の方の細い所は子どもたちが仲良く持っていました。090607jamokamo25.jpg

この“蛇ご一行様”は神職さん・子どもが叩く太鼓に続いて旧東海道や第一京浜の歩道をゾロゾロと歩いてゆきます。

近くにあるKIRIN生麦工場や生麦事件の碑・近在の商店・民家などをまわっていました。

090607jamokamo27.jpg
交通量の多い第一京浜も横断します。
知らずに偶然通りかかったドライバーさんはきっとビックリするだろうなあ。

この日はとても暑い日で風も強かった為途中でへばってしまい、最後まで見る事は出来ませんでした。
次回見物する時はもっと根性をつけて挑みたいと思っています。
4月に一度見ていましたがタダ券を戴いたので再び行ってきました。
がっっ!
あまりの混雑ぶりにビックリ。
平日なのにぃ・・・。
090604ueno01.jpgこんな感じで平成館の前は黒山の人だかり。
この建物での催しはこれまでに度々訪れていますがここまでの行列は初体験です。
給水所まであったのには本当に驚きでした。
この行列は幾重にも蛇行してゆっくり進み一時間程度で館内に入場出来ましたが、これだけの行列なので館内も大混雑。
ゆったりと鑑賞するには程遠い状態で、人ごみが少々苦手な私はくたびれました~。
090604ueno02.jpg館内では順路とは関係なく比較的空いている所を選んで見てまわりましたが阿修羅様の所はあまりにも人が多過ぎて遠巻きに眺めるのが精一杯でした。
阿修羅展を見終えてから本館の方もゆっくり見てまわったので外に出るとすっかり黄昏ていました。

数時間前までは大混雑していた平成館前もこんな状態。
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
お天気情報
最新コメント
プロフィール
HN:
櫻里
性別:
女性
趣味:
いろいろ
ブログ内検索
フリーエリア
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]